「ナノバブルとは?」

ナノバブルとは?
基本的には微細な気泡のこと。
厳密な定義は応用分野や生成方法によって異り、会社によって違う。
一般的には1μm(イチマイクロメートル)以下のナノメートル単位がナノバブル。
気泡が極小のため、見た目は、透明水。
巷で有名な
マイクロバブルより遥かに、小さい気泡なのです。

端的に言うと「ナノサイズの泡」ということです。

でも、通常の泡に無い特性が潜んでいるのも現実です。
消毒作用などなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です